B型肝炎の予防方法

Pocket

ティッシュB型肝炎に感染してしまう原因として挙げられる行動は案外身近なものだと言えます。B型肝炎の感染経路としてよく聞くのが体内の血液など体液が傷口などに付着することによっても感染すると言われています。したがって血が付いたティッシュなどは、そのままむき出しにして捨ててしまうのではなく、きちんと袋やティッシュなどで包んで捨てるようにすることが予防策の1つとなります。家庭によっては歯ブラシなどを共用で使用しているという話も聞きますが、これはB型肝炎ウイルスに感染する可能性が高いです。B型肝炎ウイルスの感染経路にはウイルス保持者の体液や血液を通して感染するという場合もあります。基本的に唾液や血液などが付着する可能性のある歯ブラシななどは人に貸し借りしないようにすることが感染予防の手段として挙げられます。

また、日常生活でよく見る光景としてよく見るのが小さい子供に対して大人が租借したものを与えるという行為です。これは、小さい子供が噛み切れないものや食べにくいとされているものを親が噛んで、それを子供に与えます。つまり、口の中の口内炎などが原因で出血してしまっている際に、もしB型肝炎ウイルスに感染していた場合、一緒に子供の口の中に入ってしまうということになります。さらに、虫歯の場合にも虫歯菌が一緒に口に侵入してしまうこともあると言われているので注意が必要です。