受給の条件とは

Pocket

B型肝炎は感染経路によって、給付金を受給することができます。B型肝炎にかかってしまった全ての人がこの制度を受給することができるわけではありませんが、規定されている4つの条件に当てはまる方はB型肝炎給付金受給対象者となります。

条件の1つ目としては、B型肝炎で持続感染している場合です。B型肝炎にも症状が出てしまったら自動的にウイルスが体の中からいなくなる一過性の肝炎と、そのまま、肝臓の中に留まり続ける持続のあるものと分けることができます。B型肝炎の給付金を受給するためには、この2つの中でも体内に留まり続けるとされている持続感染の状態が条件として挙げられます。

注射器2つ目の条件として挙げられるのは満7歳になるまでに集団予防接種を受けている方です。集団予防接種は、注射器の使い回しをされていたことがあり、これがB型肝炎の感染経路であった危険性があります。

条件の3つ目は、その集団予防接種を受けたのが、昭和23年の7月1日から昭和63年の1月27日の間であるということです。この期間内にのみ注射器の使い回しがされていたと考えられています。

最後に、集団予防接種以外の原因がない方です。これらに当てはまる人を対象として、給付金を得ることができます。しかも、これは本人だけでなく、本来受給すべきだった方が、受け取る前に亡くなってしまった場合、相続人にも需給の権利が発生します。母子感染をした子供もこの条件に当てはまります。